第三回目のガンの学校レポート

第三回目のガンの学校が終了いたしました。

今回も、医師、看護師、セラピスト、整体師、会社員、主婦、経営者 エステティシャンと様々な職種の方が、大阪府内、兵庫県川西市、神戸市、愛知県、広島県福山市、熊本県からご参加下さいました。誠にありがとうございます。アンケートへもご協力下さり、その中の一文をご紹介致します。

“色々と本を読みましたが、よくわからないことや色々な意見があり混乱していたのですが、分かりやすい先生の説明で良く分かりました。”(大阪、小川様)

「ガンの学校」設立目的は5つ。 その中に、ガンの治療法を整理する (現代医学、代替・自然療法、健康食品などを含む) インターネットや巷にあふれる情報を整理し、一人一人の体質や状況にあった治療法と、その選び方のコツをお伝えするという目的があります。

メディアや書店で目にする多くの情報は、全ての人に当てはまるとは限りません。とはいえ、芸能人が自分と同じ病気になり状態が良くないと報道されると自分もそうなるのでは?と心配される方も多いと思います。本に関して言えば、個人体験談も多いのが実情、同じ「ガンについて」書かれた本であっても、一冊目と二冊目の内容が違うと迷い、三冊目に違うことが書いてあるとどうしていいか分からなくなった経験のある人も多いと思います。「三浦直樹のガンの学校」では、その溢れる情報を医師の目線と、多くの患者様との関わりで確信した多くの実例から整理してお伝え致します。